農村JACK

自由と冒険のリアル農村RPG

開拓三ツ星は伊達じゃない! 石垣島密林JACK編(最終回

      2017/04/16

【次回予告】時には昔の話を語ろう(1 #石垣島密林JACK #予告編





はいさい!農村JACKのスミタヒロキです。

DSC_1054

たった二日間の石垣島滞在でしたが、やっぱり原住民であるTATSUYA氏のおかげで、十分楽しめる視察となりました。

……あ、もちろん目的は農村JACKの拠点探しのためなんですよ?

最終日、出発の前に気を取り直したTATSUYA氏が、カニの捕り方を教えてくれました。

カニはこうやって捕る

「ちょっと時間無いんで、とりあえず雰囲気だけでも」

DSC_1139

そう言ってズンズン進んでいくTATSUYA氏。

DSC_1141

またジャングル……

DSC_1158

沼に着きました

「いいスか?」

new_new_DSC_1144

「これをこうやって……」

new_new_DSC_1143

ドーンッ!!!

捕れたかな……?

new_DSC_1142

……いないね。

また今度来た時にでも、じっくり捕ってガザミ料理を堪能することにします。……これこそリアルモンハン。

そう言えば二日目の夜は、石垣島の町の住民と触れ合おうと、飲み屋に繰り出しました。



石垣島の居酒屋

「こっちッス」

DSC_1145

「確かこの辺だったんだけどな……?」

DSC_1146

TATSUYA氏、そんな風に電柱の側に佇んでると、なんかの売人みたいだぞっ♪?

「ああ、ここだここだ」

DSC_1148

わざわざ俺のためにTATSUYA氏が選んでくれた所とは……?

DSC_1150

じゃーん!ハブ料理!!!

ハブの唐揚げ

DSC_1154

刺し身盛り合わせ

DSC_1152

石垣島還元水……じゃなくて、これで割った泡盛

DSC_1151

うーん……うまい!

DSC_1037 (1)

なんつーか、まあ刺し身は普通にうまいですよ。泡盛も普通にヤバい。

そしてハブは……

「軟骨カタッ!」

て感じかな。

ごちそうさまでした。

そして二軒目へ

続いて、俺のリクエストで、島のスナックへ連れて行ってもらいました。

まあまあ人通りもありますね。

DSC_1155

やはり、現地の生の情報を得るには、こういう場所が一番なのです。

さすがに中の撮影はできませんでしたが、色んな話が聞けました。

DSC_1156

そしてTATSUYA氏とも、今後の進め方とかについて色々語りました。





こいつぁヤベーぜ石垣島

さーて、どうする?

DSC_1037 (1)

「ねぇ?もう材料も道具も揃ってるんスけど、全然人手が足りないんすよ……」

DSC_1150

確かにあれはなぁ……

都会の軟弱な奴らじゃ、完全に太刀打ちできんね

DSC_1037 (1)

「もう、どこから手を付けたらいいか……」

DSC_1150

分かった。

とりあえず難易度一つ星の長野で修行させて、大分野性的になった奴らを送り込むから、それまで何とか頑張ってくれ!

DSC_1037 (1)

「そうッスね……!お願いしますよ!」

DSC_1150

開拓難易度三ツ星!石垣島密林JACKER大募集!!!

皆さん、どうだったでしょうか?

南国リゾート地とは一味違う石垣島の姿。楽しんで頂けましたか?

 

……というわけで、最後にもう一度予告編を貼っとくぜ!

さあ、キミも一緒に石垣島密林JACK!!!

偶然にもタイトルが三ツ星になってたわw

おしまい

追記

彼はこの後、音信不通になってしまいました……。大丈夫なのか、TATSUYA氏……?

農村JACKからのお知らせ

農村JACKのギルドメンバーになって、一緒に農村を冒険しよう!

次世代の農村を作るクリエイターズギルド【農村JACK】を広げたい!/CAMPFIRE

長野拠点の利用はこちらのスペースマーケットからどうぞ!
【長野南信地区】大自然の中の広々とした空間で遊ぶ、農村イベントスペース「農村JACK」

農村JACKのFacebookページのフォローはこちら。イベントの様子などが見れます。

農村JACK/Facebookページ

農村JACKのTwitterはこちら。日常の何気ないことをつぶやくかも知れないよ!

農村JACK/Twitter

 - コンテンツ, 新しい拠点を開拓するために石垣島へ上陸してきた , , , , , , ,