どうも。農村JACKのスミタヒロキです。

new_DSC_0314

大晦日の、【無人島で9人の若者たちがサバイバルする番組】は観ましたか?私も観たかったけど、うちにはTVが無いので見れませんでした。

さて今日は、「もしあなたが無人島で取り残されてしまったら?」という社会の課題に対して、農村JACKは一つの回答を提示したいと思います。

そんな日はこねーよ。

はい。そんな声が聞こえてきますね?

new_DSC_0398

ほら、大根もそう言ってます。

うるさい!

いいんだよ!細かいことは!もしかしたらそういう時が来るかもしれないじゃんか!

はい。そういうわけで、もしもの時のために農村JACKでは『素人でもできる簡単農業』のスキルを伝授したいと思います。

こんな感じ。

IMG_5577

農村JACKでは、運営者が農家なので、拠点の近くにある畑を使うことができます。これは昨年、農業体験を行った時の様子。

最近の若者たちは、農業なんてやったことが無いですよね?……そんな方々のために、素人でも気軽にできる農業体験の場を用意しました。

基本は管理人が畑を管理しながら、気が向いた時にそれをお手伝いして、収穫した野菜を貰うことができます。

日本では、形の悪い野菜は売れないので、結構たくさん捨てているんですよね。そういった野菜を自分で収穫して、調理して、食べてみませんか?

うまい!

IMG_2842

という言葉が出てくること間違いなしです!

特に野菜は、やっぱり採れたてが瑞々しくて美味しいんですよね。それに、毎日デスクワークしているような人には、こうしてたまに体を動かして外で作業するのも気分転換になっていいものです。

もし本格的に農業をやってみたいという方がいれば、農業講座を受講することができるようにしようとも考えています。

自然の世界は奥深いので、ハマってしまう人も出てくるかもしれません。

もちろん、趣味程度に軽くやるのもいいでしょう。

これからの田舎は、結構空いた農地が出てくるはずなので、そういった場所で小さく農業を行いながら、たまにふらっと遊びに行くようなフローライフもいいものですよ?……これであなたも、無人島に流れ着いても大丈夫!

……以上、長野の現場からでした。

 

jack長野の環境で採れた米や水、野菜は、冗談抜きで格別じゃぞ?

農村JACKからのお知らせ

農村JACKのギルドメンバーになって、一緒に農村を冒険しよう!

次世代の農村を作るクリエイターズギルド【農村JACK】を広げたい!/CAMPFIRE

長野拠点の利用はこちらのスペースマーケットからどうぞ!
【長野南信地区】大自然の中の広々とした空間で遊ぶ、農村イベントスペース「農村JACK」

農村JACKのFacebookページのフォローはこちら。イベントの様子などが見れます。

農村JACK/Facebookページ

農村JACKのTwitterはこちら。日常の何気ないことをつぶやくかも知れないよ!

農村JACK/Twitter

おすすめの記事