農村JACK

自由と冒険のリアル農村RPG

今がチャンスだ!北海道に進出しようぜ! #北海道JACK(前編

      2017/09/21

皆さん、北海道って知ってますか?

知らないですよね?

最近、北海道がかなりアツいって知ってましたか?

知ってますよね。

今回は、そんな北海道とそこに住む人々について、この私がほんの少しだけご紹介したいと思います。

今がチャンスだ!北海道に進出しようぜ! #北海道JACK(前編

さて皆さん、北海道には行ったことがありますか?

私は最近よく行くんですが、今回はたまたま知人に呼ばれて札幌のとあるイベントに参加させてもらうことになりました。

札幌名物の路面電車に揺られて向かいましょう。

【札幌市交通局・市電】http://www.city.sapporo.jp/st/shiden/sidenromen.html

何気に路面電車に乗るのは初めて。

時代と情緒を感じさせる車内にほんわりしながら、真冬の札幌の街を眺めていました。

車内は結構あったかいです。

到着したので降りましょう。

……ん?なんだここは?

やたらとインスタっぽい雰囲気が漂いまくっています!

あまりの非現実感に、思わずしばらく見惚れてインスタジェニックしてしまいました。

てか寒い。そんなことをしてたら超寒くなってきました。

指先までガクブル状態です。

ん?……電話ボックスがある!

ここは電話ボックスの中に入って寒さをしのごう!

そして遭難する前に助けを呼ばなくては、リアルかまいたちの夜になってしまう……!


真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト) (特典なし)

PRRRR…

PRRRR…

なんとか助かった……。

これで助けを呼んだので、一命は取り留められるだろう。

「どうも、大変お待たせいたしました……」

しばらく待つとそこへ、日本一執事が似合いそうな男が登場しました。

彼の名はチャーリン。会場までの案内役です。

Lularの社長バースデーパーティーに参加してみる

今回呼んで頂いたのは、こちらの女性。……あれ?どっかで見覚えがあるぞ……?

そう、彼女はほなみん。甑島で出会ったヤバいキャラです。

Life is Goodな海辺と人々!鹿児島甑島JACK(1

当時は彼女、札幌にあるLularという会社の広報をしていたので、何故か私も会社の社長のバースデーパーティーに来てね!と呼ばれて訪れたのでした。

【株式会社ルーラー|Webマーケティングを行う会社】https://luler.jp/

Lularの優しい先輩たち

既に会場は盛り上がっております。

当然ながら、最初の二人以外全く誰も知らない私は、二人で盛り上がっている女性陣の所へ混ぜてもらって食事を楽しませて頂きました。

見知らぬおっさんを話に混ぜて頂いた先輩方、どうもありがとうございました。

折角なので『札幌の女性には本当に【波よ聞いてくれ】みたいな人が多いのか?』という命題について話したかったのですが、それはまた今度にすることにしました。(そしてその結果、概ね間違っていないという結論になりました)


波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンコミックス)

結局そのまま最後まで居させて頂き、同世代の社長のヒストリーを見て、非常にアットホームないい会社だなと思ったのでありました。

札幌には、最近こうした若手ITベンチャー企業が増えているらしく、その勢いを感じさせてくれる機会となりました。ルーラーの皆さん、本当にありがとうございました。

 

農村JACKからのお知らせ

農村JACKのギルドメンバーになって、一緒に農村を冒険しよう!

次世代の農村を作るクリエイターズギルド【農村JACK】を広げたい!/CAMPFIRE

長野拠点の利用はこちらのスペースマーケットからどうぞ!
【長野南信地区】大自然の中の広々とした空間で遊ぶ、農村イベントスペース「農村JACK」

農村JACKのFacebookページのフォローはこちら。イベントの様子などが見れます。

農村JACK/Facebookページ

農村JACKのTwitterはこちら。日常の何気ないことをつぶやくかも知れないよ!

農村JACK/Twitter

 - コンテンツ, 北海道JACK , , , , ,