農村JACK

自由と冒険のリアル農村RPG

田舎に移住して美容室開くのって一体どうなの?近くの美容院にホントの所を聞いてみた #農村JACK #長野JACK

      2017/04/16

img_8068

どうも。前前前世から農村JACKのスミタヒロキです。世界の時間は揺らいでいるので、だいぶ前の記事になりますがご了承ください。

地方で独立して美容院やるのって実際どうなの?

最近、地方移住が流行ってますよね。私もそんな人間の一人なんですが。

で、夫婦で田舎に行って開業して、なんか幸せそうにお店とかやってgreenzとかの雑誌に出てる人ってよくいるじゃないですか。

でもそれって……実際どうなの?結構盛ってんじゃないの?と思われる方も多いのではないかと思います。私のように。

なので、ホントの所はどうなのか。近くにそんな方々を発見したので、早速リサーチしてきました。




Momo.Hair

img_8064

やってきました。伊那市にある美容室Momo.Hairです。

Momo.Hair(FBページ)

img_8180

軽井沢のペンションじゃありませんよ。

img_8067

なんだかしばらく忙しくて……

img_8071

ほら、この通り。

img_8070

君の名は。の主題歌とか歌えそうなほど、髪が伸びてしまいました。

img_8094

既に相方も見つけてます。

img_8097

……って、違います。

こちらの方が、美容師の梅野さんです。同い年らしいのに、既に雰囲気が只者じゃない……。思わず視線も逸し気味。

img_8070

(絶対おじいさんの古時計とか作ってそう……)

img_8091

早速中に入ってみましょう。

img_8134

……!?

img_8073

な……!

img_8072

な……!!

img_8086

なんということでしょう……!

img_8161

あ、ホントに古時計あったわ。




それでは早速インタビューを

折角美容院に来たので、カットしてもらいながら、ざっくばらんに色々聞いてみることにしました。

img_8098

スミタ 今日はよろしくお願いします。

Momo こちらこそ、よろしくお願いします。

スミタ お店は何年前からやってるんですか?

img_8109

Momo 今年で10年目ですね。二人で働いているんですが、趣味は同じ方向を向いているので、そんなに意見が食い違うことがなくて助かってます。

スミタ 最近、夫婦で田舎に引っ越してお店を始める人が増えているような気がしてるんですが、Momo.Hairはどんな感じでやってるんですか?

img_8114

Momo 今でも月イチは東京へ行ってます。やっぱり最新は知っておきたいので。どんな髪型がいいとかではなく、その人の雰囲気と合わないと良くないと思ってますね。

シャレオツと呼ぶには素敵すぎる雰囲気のインテリアに座り、ハサミを入れながらのインタビューです。

スミタ 元々こっちで開業しようと思った理由はなんでしょう?

img_8116

Momo 福岡から東京に出てきたんですが、福岡に戻りたいとは思わなかったんですよ。東京も好きだけど、子供が欲しかったので。東京で子育てをするイメージが湧かなかったんですね。

彼女は付き合う前から地元に帰るつもりだったので、付き合うのであれば長野に戻るのは必然だと思ってました。以前から伊那市には来てて、環境も好きだったので。

お客さんに言うと「うまいこと引っ張られちゃったねぇ」なんて言われるんですが、全然そんなこと無くて、むしろ自分の方が行こうよ!と言ったぐらいなんですよ(笑)。

スミタ じゃあ、ここは奥さんの実家の土地ですか?

img_8110

Momo そうです。この土地が気持ちを高めさせてくれた所ではありましたね。ここだから、尚更スコン!と腑に落ちましたね。




スミタ 奥さんが戻りたかった理由としては何でしょうか?

img_8118

Momo 彼女が仕事していた頃に、仕事が終わった後、金曜の夜にバスで帰ってきて、仕事の前の日に東京に戻ってきていたりしていました。月に二回とか三回ぐらい。実家で何してんの?て聞くと「いや別に」って(笑)。環境はこんな所なので、散歩したり昔のマンガ読んだりしてたみたいです。

スミタ こっちに移住してきて、面白い所ってどこでしょう?

img_8127

Momo 面白い所がキャッチーに出るかというとそういうわけでもなくて、最初に思ったのは、お客様が求めるスタイルのギャップがあるなと。東京の人たちはスタイリングをするということが念頭にあるんですが、こちらの方はそうでもなかったりして。

スミタ 結構DIYするんですか?

img_8145

Momo ほとんどDIYです。椅子とかも友だちにパイプとかを組んでもらって作ったり。この間雑誌に載ったんですよ。お客様に言うと「すごい!」なんて言われますが、そんな肩肘貼らなくても、結構できますけどね。

結構色んな雑誌に載っている有名人みたいです。私もDIYのことを色々聞かせて頂きました。

img_8077

スミタ 基本的には地元のお客さんばかりですよね?

img_8157

Momo そうですね。ここから30分圏内が多いですが、遠いと東京から前のお客さんが来てくれたりもします。

チョキチョキ

スミタ 基本的には女性のお客さんが多いですか?

Momo 多いは多いんですけど、結構前の時も男のお客さんも多くて。僕は男の人の髪を切るのが好きなんですよ。僕の持論ですけど、坊主って、やったこと無い人にはここをこうした方がいいとか、ディテールの追求ができなかったりしますよね。僕はロングにしたことがないので、どのスタイルが得意?って聞かれたら、結構ショートなんですよ。

img_8076

スミタ 何か好きな髪型ってあるんですか?

img_8174

Momo モテる世間の9割ぐらいって、キャンキャンとかって圧倒的にロングなんですよね。

あれは男の人のイメージで「女性はロングが似合う、『でも』ショートもいいよね」って言う感じなんですよね。けどここ数年ですっごい変わってきたと思いますよ。女の人のスタイルも変わってきたし、男の人の目も柔軟になってきたと思います。

ショートが流行ってきて一番に思ったのが、みんながめんどくさくて時間を掛けれないって言い方をするけど、それって女性が社会にどんどんどんどん出てきたって言うことじゃないですか。それだと思うんですよ。

img_8112

Momo 戦闘に行く、戦いに行く気持ちのほうが強いんだと思いますよ。服装もパンツも増えてきたり、世間の流れ的に女性がどんどん今まで出なかったステージに出てきてるっていうのが大きいだろうと思いますよね。

img_8136

(途中経過。じゃりん子チエみたいになってる)



スミタ 長野って冬とか大変じゃないですか?

img_8156

Momo スノーボードが好きなんですよね。長野にちょこちょこ来てたのは、スノボに来てたんですよね。白馬とかに。

スミタ 年中無休ですか?

img_8213

Momo 基本は月曜日が休みで、第一の火曜日と第三の火曜日もお休みで。まとまった休みは年末年始で3日4日ほど。後はイレギュラーな感じで、携帯に転送してクラウドで管理しているので、たまにどこかに出たりもしますね。

スミタ そういえば今度、青空美容院できないかなと思ってるんですよね

img_8210

Momo 今は周りにおうちが何軒か建っちゃったんですが、前は何にもなくて360度パノラマだったんですよ。なのでパーマの待ち時間とかに、外に椅子とか出して本読んでもらったりしてましたね。

この環境って東京には絶対無いものだから、こっちにきて面白いものって、そういう部分があるかなって。自然と一緒に生活していけるような。……どうしても美容室って室内ってのがあるんですけど、最近少し柔軟に考えてみる週間に入ってるんですよ。

前髪カット500円とかやってるの見たりするんですが、でもお金をもらうのに、自分の精度を落とすことはできないんですよね。なので技術を安売りしてる感があったんですけど、それだったらいっそのこと、無償でやったらこっちも気持ちいいなと。

img_8230

スミタ それ結構よく分かって、野菜って安くて10円20円の差なのに、みんな結構こだわったりしてるんで、それだったらいっそのこと無料にしちゃえばいいのにって思いますね。

Momo 自分がその世代に入ったからかもしれないですけどね。

スミタ 旅する美容師とかもできますよね。

Momo ね!

img_8215

Momo 20代前半の頃は、如何にお客さんを見込むかって考えてたけど、それってなんかやっぱ違うなって思って。子育てが終わって、子供のためよりは自分のことにお金を使っていいっていう人が来たりしますね。

スミタ そういう人ってここに結構来るんですか?

Momo 多いですよ。最初の頃は結構ジャージとかスキージャケットとかで来たり(笑)。そういう人が「あそこに行くときは着替えていきたいな」って思ってもらえるお店にしていきたいなと思ってます。

img_8150

スミタ こういうお店にしたいなっていうのはありますか?

img_8212

(何故かカメラ目線)




Momo お客さんのライフスタイルが変わって欲しいと思いますね。髪の毛って、みんな悩みとかありますよね。髪って結構重要な部分だと僕は思ってますので、『ライフスタイル』って言うとぼやっとしてるけど、「絶対ここは外せない」って言う時は髪の毛切るじゃないですか。……例えば、就活の時とか。

img_8093

Momo 人は見た目で判断するなって言うけど、見た目で判断されたりもするし、人生の一部分ですからね。何も無いから坊主にしてる、それならそれでもいい……って言うても、ここは外せないっていう時はあるじゃないですか。一番最初に感じたのは、結構みんな諦めてるんですよね。「髪の毛多いから」とか「ぺたんこだから」とか。

癖っ毛だったとしても何とかする方法はあるから、色々喋りながら「あなたのいい所はそこなんだよ?」ていうのを教えられれば、お客さんは髪の毛を好きになるんですよね。

知ってる友達とかが「めっちゃいいじゃん」て言ってくれれば、テンション上がるじゃないですか。それって人生にとってすごくいいことだと思っていて、人生がポジティブになっていくことの一つだと思うんですよね。

img_8075

スミタ 奥さんが長野に戻ってきたのって、水とか食べ物がおいしいからですか?」

img_8195

Momo 本人はあんまり言ったこと無いんですが、単純に実家が好き、近くにいたい、長野の空気が好きだからとか、山にこもりたいんじゃないですかね?

スミタ この辺の西の山沿いの景色はいいですよね。

img_8088

Momo 僕は車が好きなんで、こっちにきてスペースの部分ってすごい大きいんですよ。うちには部品取りの車が一台あるんですよね。でも、東京だとお金を生まない車に対して駐車場台を払うってことはできないじゃないですか。



スミタ やっぱアウトドア系が好きなんですか?

Momo 基本そうですね。屋根をポップアップルーフにしてて、上で寝れて、下もフルフラットにできたり。家の中にはあんまりいたくなくて、意味もなく外に出たい。休みの日に家にいることが一番苦痛なんです。ホントに家にいないですね(笑)。

img_8085

スミタ 休みの日は何するんですか?

img_8234

Momo 何も用事なくとも、とりあえず車に乗るか、みたいな感じですかね。松本に行ったり、茅野のコーヒー買いに行って、諏訪に行って寿司を買って、ビーナスライン通って牧場に行って、牛を見ながら牧草地でお寿司を食べて帰ってくるともう夕方になっちゃいますね。

スミタ 豊かな生活ですね……!

img_8078

Momo 元々自分で何かを作るのが好きなんですけど、趣味が講じてDIYをやるようになって、照明とかを作ったりするようになりましたね。

新しい物を生み出すのが好きなんですが、今まで使われてたのがゴミになるっていうのが嫌なので、古い物で自分にしか作れないものを何か作れないかな?と考えてます。「どんな物を作るんですか?」って聞かれるんですが、DIYの物が多すぎちゃって、「えーと、どれから言ったらいいですか?」って困ります(笑)。

img_8183

Momo お客さんにも言うんですけどね。DIYに興味あるんだったら、やってみたらいいじゃないですか?って。でも「いい、プロがやったほうがうまいから」ってみんな言うんですよ。僕はやりたいからやっているんだけど、「やらなくちゃいけない」って考える人が多いんだなって思いましたね。





というわけで、完成しました!

取り留めのない話をしていたら、いつの間にかカット終了……。バッチリ決まった所で、afterの記念撮影です。

img_8240

どうでしょう?……今回の注文は、『かっこいい坊主』です。

img_8241

どうですか?かっこいい坊主になってます?

今回、私の髪の癖なども相談しながら、こんな感じの爽やかな髪型にしてもらいました。

まとめ

一足早く、長野県の南信地方に移住してきた梅野さんたち。……そのライフスタイルは、聞いているだけでも非常に豊かで、独特の世界観に溢れた空間に、終始驚きの声が止まりませんでした。こんな生活することもできるんだなぁ……!

というわけで、田舎に移住を考えている皆さん、参考になりましたでしょうか?

私も非常に参考になりました!(主にDIYの)

img_8074

興味ある人は、ぜひMomo.Hairに行ってみてくださいね!

Momo.Hair(FBページ)

img_8238

(撮影:DIG TRIP)

農村JACKからのお知らせ

農村JACKのギルドメンバーになって、一緒に農村を冒険しよう!

次世代の農村を作るクリエイターズギルド【農村JACK】を広げたい!/CAMPFIRE

長野拠点の利用はこちらのスペースマーケットからどうぞ!
【長野南信地区】大自然の中の広々とした空間で遊ぶ、農村イベントスペース「農村JACK」

農村JACKのFacebookページのフォローはこちら。イベントの様子などが見れます。

農村JACK/Facebookページ

農村JACKのTwitterはこちら。日常の何気ないことをつぶやくかも知れないよ!

農村JACK/Twitter

 - コンテンツ, 長野JACK , , , ,