農村JACK

自由と冒険のリアル農村RPG

【ASEANJACK プノンペン編】なんかやって遊んでいたようだが、この辺の適当さがさすが

      2017/06/27




【ハッカ村】大伐採大会

2015.3.17-18 プノンペンJACK 最終日

次の日は、出社する皆様と真面目に働くクメールの皆様を見学させて頂いた後、社宅を出発。今日もまた夜にアポがあるのだが、日中はノープランだ。なので久々にリバーサイドに行ってみようと散歩する。……しばらく歩いたが、中々に乾季の日中の散歩はキツい。おそらく今後もプノンペンは徒歩がメジャーな移動手段になることは無いだろう。それほどの日射量だった。

またここも一年前に訪れたカフェでマンゴージュースを飲みながら、PC作業をする。海外はどこでもwifiが整っているので、日本とは違って本当に便利だ。リモートワークの場合、途上国の首都辺りの方が全然やりやすいかもしれない。

で、お昼近くになって宿を探そうとまた歩き出す。明日はベトナム入りなので、バス乗り場に近い所にしようと思い、有名所のキャピトルへ向かったのだが、何だか場所がよく分からずに迷ってしまった。何度も何度もグルグルと回り、結局2時間ほど歩いただろうか?……ようやくヘトヘトになりながら宿を見つけてバスチケットも買った。相変わらず安い。

AEONに行けば何でもある in カンボジア

疲れながらも、ここで寝たら完全に起きれなくなりそうだったので、気を取り直してまたAEONへ向かう。……やることなければAEONへ行け。AEONへ行けば何でもある。カンボジアまで来てマイルドヤンキーの気持ちがよく分かった瞬間だった。

で、またゲーセンに寄って人々を観察し、かわいい店員の子がいたのでナンパでもしてみようかと思ったのだが、まごまごしている間にシフトが終了してしまい、帰ってしまったようだ。……私は一期一会、という言葉を噛みしめることとなった。

あと折角なのでプノンペンゲーセンで遊んでみようかとも思ったのだが、プノンペンのノジマ電機のラインナップも気になって色々見ているうちに結構時間が経ってしまい、夢の国AEONを離れることにした。そして、今日歩きすぎた体の疲れを癒やすべく、近くのマッサージ屋に入る。AEONの近くのマッサージストリートは、寂れた商店街のように安売りされていたぞ。

日本の皆様と会食

そして、食事アポの時間になったので、十勝からカンボジアへ移住した先輩農家さんの住んでいる飲み屋へ。そこで某群馬の大手農業法人の社長とスヴェイレンで活動する海外協力隊の女性にお会いし、挨拶させて頂いた。色々と現地やニュージーランドの状況なども教えてもらい、結構時間が過ぎる。そうしているうちにお開きとなり、帰りが大分夜遅くなってしまったので、キャピトルで中の兄ちゃんたちに呼びかけて鍵を開けてもらった。

……なんかやって遊んでいたようだが、この辺の適当さがさすがカンボジアといった所だろう。嫌いじゃないし、多少日本も見習ったほうがいい。

3/18 ホーチミンへ向けて

次の朝。JFPのインターンの子にアテモヤの種を渡し、試験栽培のお願いをするとバスに乗車し、ベトナムへと向かう。同行者の内、日本人が二人いた。一人はカンボジア在住、もう一人は世界半周の旅人だ。

超寒いバスに耐えながらベトナムへと向かうと、数時間で川を渡る。窓の外を見てみると、色んな人々が行商のためにフェリーに乗り込んでいた。このカオスっぷり、ザ・東南アジアという感じだ。嫌いじゃない。

2015-03-18 09.44.28

川を渡ると、いよいよ国境越えだ。近くのドライブインで安っぽい昼食を食べ、しばらく待つ。旅人の方の日本人は、しきりにインドが良かったと絶賛していた。どこが良かったのかと聞くと、「グイグイ来る所」だという。女性とかもうヤバい状況なぐらいに荒れているそうなのだが、その生命力のようなものにやられてしまったのだという。……確かにその気持ちは分からなくもない。そういえば嫁さんに嘘吐いて札幌から来たと言っていたな。彼は一体無事だろうか……?

2015-03-18 11.38.39

もう一人の日本人は、子供連れのアーティストの方だった。日常会話が英語のようで、先にベトナム入りしている奥さんはアメリカ人だという。以前にベトナムにも行ったことがあるらしい。そんな三人で日常会話に花を咲かせていると、ようやくバスが出発する時間になったようだ。

いよいよ、初ベトナム入りである。
ベトナム編へ続く

農村JACKからのお知らせ

農村JACKのギルドメンバーになって、一緒に農村を冒険しよう!

次世代の農村を作るクリエイターズギルド【農村JACK】を広げたい!/CAMPFIRE

長野拠点の利用はこちらのスペースマーケットからどうぞ!
【長野南信地区】大自然の中の広々とした空間で遊ぶ、農村イベントスペース「農村JACK」

農村JACKのFacebookページのフォローはこちら。イベントの様子などが見れます。

農村JACK/Facebookページ

農村JACKのTwitterはこちら。日常の何気ないことをつぶやくかも知れないよ!

農村JACK/Twitter

 - カンボジアJACK, 海外拠点を開拓しに色々バックパッカーしてきた旅の記録 , , , , ,