農村JACKには、色んな想いを込めています。

その一つが、教育。



教育

最近、教育に関するニュースがよく目に入るようになりました。

農業と同じく、教育システムも旧時代からほとんど進化していない部分の一つだと思います。

そのせいで、行き場のない子供たちが増えていたり、結構悲惨な事件が時に起きるようになってしまったような気がします。

そして、幼少期に抱えた問題は、いずれ大人になった時に悪い形で発散され、センセーショナルな事件となって現れる……そんな気がしませんか?

教育の多様性

私はもっと、多様性のある教育が行われた方が良いと思っています。

今の状態は、限られた日本の中の、さらに限られた学校という枠の中の世界でしか生きることができないため、そこに収まる事ができない人にとっては、窮屈で仕方がないのではないでしょうか?

様々な有識者の方たちからは、幾つもの問題提起が行われてはいますが、なかなか解決方法は進んでいるとは言えないかもしれません。

なので、できる人たちから民間で解決する方法を作っていくのがいいのではないかと思います。

中学生以下無料

さて、農村JACKでは、中学生以下の利用を無料にしたいと思っています。

そこで、学校では教わらないような価値観を知り、授業科目には無い技術などを体験できる機会を作りたいからです。

そして何より、世界を見てきた人たちの体験談を直接聞ける機会を提供する……というのが、子供たちにとっては重要なことなのではないかと思うのです。

今自分がいる場所が、大きな世界の中のほんの一部でしかない、ということが分かれば、たとえ今が生きづらかったとしても、きっと希望を持って生きていけるようになるのではないでしょうか?

 

農村JACKは、子供たちに世界の広がりを教えてあげられるスペースでありたいと思っています。

おすすめの記事