http://ns-jack.com/?p=997



挿入歌

どうも。合言葉はLife is Good!キビナゴです

DSC_1965

……死んだ魚のような目をしていてすみません。

本日はこんな醜態を晒してますが、それには訳があります。と言うのも……?

DSC_1971

うみねこが群がってきているからです!!!

DSC_1972

おおー、すげー!

こちらは一応生きた目をしているスミタヒロキです。昂ぶっています。





うみねこにエサやり体験

いやー、岩凄かったわー……。

DSC_1979

船はそろそろ帰路に着きます。と、その時!

DSC_1961

ん……?(右の方にご注目下さい)

DSC_1981

船から急に煙がっ!!!

「みゃーうっ!みゃーうっ!」

DSC_1967

これは……ヤバい……っ!?

DSC_1900

そして、そんな我々を見て、獲物を見つけたとばかりに群がってくるアニマルたちがいました。

「ふへへ、バカな人間たちがいるぞ……!みゃーうっ!みゃーうっ!」

DSC_1969

そう、うみねこです。

洋上に置き去りになった我々を、完全に狙っているようです。

確かにマズい。このままではみんなうみねこの餌に……!

甑島クルージング12 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

焦り始める一行

「……うむ、まずいな」

DSC_1990

BOSSもかなり焦っています

「もうダメだわ私たち……」

DSC_1986

ずんこさんからは全く生気を感じません。……とりあえず、もっとたんぱく質を摂った方がいいと思います。

「遺影に使う写真、今のうちに選んどこ……」

DSC_1978

みんなが絶望に陥りかけた、その時!

「とうとうアレを使う時が来たか……!」

DSC_1962

おっちゃんが、何やら座席の下から取り出しました。

「よっこいしょっと」

DSC_1963

あ、あれは……!?

DSC_1964

まさか……?

DSC_1965



どうも。キビナゴです。

私たちが来たからには、もう安心。

さあ、私たちをうみねこたちに向かって投じるのです!

……そして、私たちが時間を稼いでいる間に、お逃げなさい!

「わかりました!」

DSC_1973

キビナゴさん、ありがとう!

DSC_1976

君のことは忘れないよ……!

DSC_1974

食らえ!俺のキビナゴ二刀流!

……まるで、FFの【ぜになげ】のように次々と【キビナゴ】を放る我々。

とうとう、うみねこたちも諦めて去っていったようです。

DSC_1968

こうして時間を稼いでいる間に、何とか船も直りました。

……そして我々の【キビナゴ】スキルも上がったようです。

今のうちに、急いで島に向かって戻りましょう。

ブロロロロロロ……





陸へ

(ふふ、うみねこを倒したぐらいで浮かれおって。奴らは所詮一番の小物……)

DSC_1987

うみねこよりも頭のいいカラスが残っていたことに、その時の我々は気付かなかったのです……。

DSC_1991

……というわけで、無事陸に戻ってきました。

あー面白かった!

DSC_1973

そんな妄想もできてしまうほど、クルージングは楽しかったですよ!

しかし、この時の我々は、この後に起こる真の悪夢をまだ知らなかったのだった……!

つづく

農村JACKからのお知らせ

農村JACKのギルドメンバーになって、一緒に農村を冒険しよう!

次世代の農村を作るクリエイターズギルド【農村JACK】を広げたい!/CAMPFIRE

長野拠点の利用はこちらのスペースマーケットからどうぞ!
【長野南信地区】大自然の中の広々とした空間で遊ぶ、農村イベントスペース「農村JACK」

農村JACKのFacebookページのフォローはこちら。イベントの様子などが見れます。

農村JACK/Facebookページ

農村JACKのTwitterはこちら。日常の何気ないことをつぶやくかも知れないよ!

農村JACK/Twitter

おすすめの記事